株式投資のスタイルはどんな種類がある?期間ごとのスタイルを詳しく解説

投資コラム

株式投資を始める前に、まずはあなたに合った投資スタイルを見つける必要があります。

なぜなら、あなたのライフスタイルや性格に合ったスタイルでなければ、効果的な投資をすることができないからです。

そこで今回は、代表的な投資スタイルを紹介します。

この記事を読めば、あなたに合った投資スタイルが見つかるでしょう。

投資スタイルの種類

投資スタイルには大きく分けて2つあります。

「短期投資」と「中長期投資」です。

さらに短期投資は以下の3つに分けることができます。

短期投資の種類
・スキャルピング
・デイトレード
・スイングトレード

それぞれ特徴があるので詳しく解説していきます。

スキャルピング

スキャルピングは、数秒から数十秒で取引を完了する超短期的スタイルです。

何度も取引し、小さな利益をコツコツ積み上げていきます。

ただ、初心者にはあまりオススメできません。

なぜなら、長くても数十秒のあいだに正確な判断をしながら、トレードする必要があるからです。

しかも1日に何度もです。

また、スキャルピング独自のスキルが必要だったり、大きなポジションを取らなければ少ない利益しか得られません。

これらの理由から、初心者はやめておいた方が無難です。

まずは、他の投資スタイルで経験を積むことをオススメします。

デイトレード

デイトレードは、取引時間内 (9~15時)でのみポジションを保有するスタイルです。

15時になる前に、すべてのポジションを手仕舞いして取引を完了します。

次の日に持ち越すのは、デイトレードではないので注意しましょう。

スキャルピングと似ていますが、デイトレードはもっとスパンが長く、取引回数の少ないトレードのことをいいます。

1日に1回しかトレードしないという日もあるのです。

デイトレードでは、チャートを見ながら値動きを予測する「テクニカル分析」を使います。

そのため、ずっと画面を見ている必要があり、日中仕事をしている人には難しいかもしれません。

デイトレードをする場合、銘柄には注意しましょう。

デイトレードでは、大きな値動きが期待できる、出来高(株の売買数)の高い銘柄を選ぶ必要があります。

なぜなら、値動きが少ない銘柄では大きな利益を期待できないからです。

デイトレードのメリットは、ポジションを翌日に持ち越さないので、取引時間外の悪影響を受けません。

取引時間外に景気悪化などのニュースが流れると、株価が暴落してしまうことがあります。

ですが、デイトレードは取引時間内でしかポジションを持たないので、その影響を受けることはありません。

また、その日のうちに手仕舞いするので、資金効率が良くいろいろな銘柄でトレードできます。

デメリットは、大きな利益を得る機会が少ないということです。

基本的に、株価は取引時間外に大きく動くので、良くも悪くもその恩恵を受けることができません。

スイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間の期間で取引するスタイルです。

数週間の予測をもとに取引するので、デイトレードのように1日中チャートを見る必要はありません。

そのため、日中働いている会社員にもやりやすい投資スタイルです。

デイトレード同様、テクニカル分析を使いますが、スイングトレードは企業の業績や景気の動向を確認する必要があります。

なぜなら、数週間ポジションを保有するので、テクニカル分析だけでは株価を予測しづらいのです。

スイングトレードは、日をまたいでポジションを保有するので、取引時間外の好影響を受けられるメリットがあります。

デイトレードとは逆ですね。

ただ、取引時間外の悪影響も受けてしまうので、その点には注意しましょう。

中長期

中長期取引は、数ヶ月から数年という長い期間での投資スタイルです。

チャートをあまりチェックしなくていいので、忙しい会社員でも無理なくできるでしょう。

短期投資とは違い、長期保有するので、投資する銘柄をしっかり分析する必要があります。

分析では主に

・企業の業績
・株価指標
・景気の動向

などをしっかりチェックしましょう。

長期投資のメリットは、大きな利益を期待できることです。

なかには、1年で株価が5倍~10倍になる銘柄もあります。(10倍以上の大化け株は「テンバガー」という)

また、企業によってさまざまですが、配当金や株主優待をもらうことができるというメリットもあります。

ですが、大きな利益を期待できるということは、そのぶん損失も大きくなる可能性があるので注意してください。

最悪、倒産してしまい大損してしまうこともあるのです。

チャートを頻繁にみる必要はありませんが、企業の動きや景気の動向は常にチェックしましょう。

中長期投資では、リスクを回避するために分散投資をオススメします。

利益は減ってしまうかもしれませんが、リスクを大幅に減らすことができるのです。

まとめ

今回紹介した投資スタイルは以下の通りです。

・スキャルピング
・デイトレード
・スイングトレード
・中長期投資

スキャルピングやデイトレードは、日中働いている人には難しいとおもいます。

出来なくはないですが、トレードが気になって仕事に集中できなくなったりしてしまうので、あまりオススメできません。

日中働いている人には、スイングトレードと中長期投資をオススメします。

どっちにするか迷っているなら、まずはスイングトレードを試してみてください。

うまく利益を上げることができれば、そのままスイングトレードで稼ぎましょう。

あまり手ごたえがなかった場合は、中長期投資に切り替えてみてください。

投資スタイルを決めることで、投資の勝率アップが期待できます。

ぜひ、あなたに合った投資スタイルを見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました