複利効果と長期運用で資産を育てる!仕組みやメリット・デメリットを解説

投資コラム

株式を運用するうえで、「複利」か「単利」か、という問題は将来の利益を大きく左右します。

長期運用するなら、複利効果の有用性を知っておきましょう。

今回は、複利の基礎知識やメリット・デメリットを解説していきます。

複利とは

複利は、運用によって得た利益と元本に利息がつくことです。

株式投資で生まれた利益を元本に組み込むことで、効率的に資金を増やしていくことができます。

短期での効果は少ないですが、長期間の運用に向いていて、運用期間が長ければ長いほど大きな効果を期待できるのです。

複利と単利の違い

複利に対して、元本のみに利息がつくことを「単利」といいます。

それでは、元本100万円を5年間、年利5%で運用した場合、単利と複利では運用にどのくらい差が出るのかを見ていきましょう。

単利で運用した場合

まず、単利運用した場合、資産を求める算出方法は以下の通りです。

単利運用の算出方法
元本×(1+年利×n)【n=運用年数】

先ほどの条件(元本100万円を5年間、年利5%で運用)で計算すると…

100万円×(1+0.05×5)=125万円

となり、単利運用の場合、5年間で25万円の利益になることがわかります。

複利で運用した場合

次に、複利で運用したらどうなるかを見ていきましょう。

複利運用の算出方法は以下のようになります。

複利運用の算出方法
元本×(1+年利)^n【n=運用年数】

単利運用と同じ条件(元本100万円を5年間、年利5%で運用)で計算してみると…

100万円×(1+0.05)^5=127万6282円

となるので、単利運用と比べて、2万6282円多く利益を得ることができます。

「5年間でこれだけ…?」と思われるかもしれませんが、もし30年運用したらどうなるでしょうか?

単利の場合
100万円×(1+0.05×30)=250万円

複利の場合
100万円×(1+0.05)^30=432万1942円

となり、なんと182万1942円も利益に差が出るのです。

複利効果は、短期間ではあまり効果は見られませんが、運用年数が長くなるほど、利益が膨らんでいくのが分かってもらえたとおもいます。

何年で倍になる?72の法則とは

複利運用したとき、元本が何年で倍になるかを知りたくありませんか?

そういうときに役立つのが「72の法則」です。

72の法則は、「72÷年利(%)」で元本が倍になる年数を知ることができる、というものです。

たとえば、年利3%で複利運用する場合は…

72÷3(年利)=24

となるので、元本を倍にするのに24年かかるということが分かります。

もう一つ例を挙げます、年利9%だと…

72×9(年利)=8

となって、8年かかるということになります。

このように、72の法則を使えば、元本が倍になる期間を簡単に知ることができるのです。

100の法則

単利で倍になる年数を知りたい場合は、「100の法則」を使いましょう。

「100÷年利(%)」で求めることができます。

たとえば、年利5%の単利運用だと…

100÷5(年利)=20

となり、元本が倍になるまで20年かかるということになります。

複利運用のメリット

複利運用のメリットは以下の2つです。

複利運用のメリット
・資産が早く増える
・長期運用するほど効果アップ

それぞれ詳しく解説していきます。

資産が早く増える

単利運用と比べると、複利運用では資産を早く増やすことができます。

運用して生まれた利益をそのまま投資に回すので、元本のみで利益を狙う単利運用と比べて、資産が増えるスピードが早いのです。

元本が増えるほど、複利の効果はどんどん大きくなっていくので、安定している銘柄だと判断できるなら、投資を増やしてみるのもいいでしょう。

長期運用するほど効果アップ

運用期間が長いほど、複利効果は大きくなり資産が増えていきます。

たとえば、100万円を年利5%で5年間運用すると、単利運用と比べて2万6282円しか差はありません。

ですが、同じ条件で30年間運用した場合は、182万1942円も利益に違いが出るのです。

このように、短期運用ではそこまでの効果はありませんが、運用期間が長くなるほど単利運用との差が開いていき、利益も増えていくでしょう。

複利運用のデメリット

長期間で大きな効果を期待できる複利運用ですが、デメリットもあります。

複利運用のデメリット
・損失のリスクがある
・運用している期間は、資金を拘束される

それぞれ詳しく解説していきます。

損失のリスクがある

株を運用する上で忘れてはいけないのが、損失のリスクがある、ということです。

複利効果を期待できるのは、運用益が生まれていることが条件となっています。

含み損を抱えていると、複利の効果を得ることはできません。

最悪の場合、損失が膨らんでしまうと、運用を続けることができなくなってしまい、複利どころではなくなってしまうのです。

複利運用するときは、銘柄の選定をしっかりするようにしましょう。

運用している期間は、資金を拘束される

複利運用は期間が長くなるほど効果が大きくなりますが、その間、資金を拘束されてしまいます。

無理な運用をして、お金が必要になるたびに資金を引き出していては、効率的な複利運用はできません。

そのため、複利運用には生活費などを使わず、余裕資金で行うようにしましょう。

まとめ

複利運用は、生まれた利益を元本に組み入れて、資金を増やしていく方法です。

そして、運用期間が長くなるほど、大きな効果を期待できます。

期間が長くなるということは、そのぶん計画的に運用する必要があります。

「どれくらいの期間で運用するか」とか「目標金額はいくらに設定するか」などのことを入念に考えるようにしましょう。

また、株式の運用は含み損を抱えることがある、運用資金は拘束される、などのことを忘れないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました