損切りとは?初心者が知っておくべき損失軽減の方法を解説

投資コラム

投資で成功するポイントのひとつが、「損切り」です。

的確に損切りすることで、損失を少なくし、将来の資産を増やすことにつながります。

ですが、「損切りってよく分からない…」という初心者は多いでしょう。

そこで今回は、損切りの基本やタイミングなどを解説していきます。

損切りとは

損切りは、保有している株が含み損を抱えている状態で売却して、損失を確定させることです。

含み損があっても売ってしまうことで、さらに大きな損失にならないようにします。

「今は下がっているけど、そのうち上がるのでは?」と思われるかもしれませんが、株式投資で大切なことは、損失をなるべく少なくすることです。

利益を追って損失を拡大させているようでは、株式投資で成功することはできません。

また、損切りすることで資金効率が良くなります。

値下がりしている銘柄の値上がりを期待して、長期間保有することを「塩漬け」といいますが、損切りしてしまえば資金を他の投資に使うことができるのです。

ただ、将来値上がりする根拠があるなら、そのまま保有したほうがいいでしょう。

このように、損切りすることで損失を軽減したり、投資機会を増やすことができるのです。

損切りは難しいと言われる理由

重要性が分かっていても、実際にやってみると難しいのが損切りです。

損切りをすること自体にテクニックは必要ありませんが、投資家の心理が損切りの邪魔をします。

たとえば、

・損失(失敗)を認めたくない
・根拠はないが値上がりに期待してしまう

などの心理が働き、損切りに抵抗感が生まれてしまいます。

ですが、このような心理が働くことを事前に知っていれば、損切りへの抵抗もなくなるはずです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

損失(失敗)を認めたくない

基本的に、株式投資は利益を得るために始めます。

ですので、投資家にとって損失は避けたいものであり、特に初心者はこういった傾向が強いです。

「資産を増やすために投資をしているのに、損失を確定したら資産が減ってしまう…」といった感情から、なかなか損切りができなくなってしまいます。

また、「自分の失敗を認めたくない」という心理も厄介です。

損失が発生するのは、銘柄のリサーチ不足が大きな要因ですが、その失敗を素直に認めるのは抵抗があります。

特に初心者は、教材などを参考に銘柄を決めているので、予測が外れると何を信じていいか分からなくなってしまうのです。

このように、損失や失敗を認めたくない、といった心理から損切りに対する抵抗が生まれます。

ただ、損失が生まれるのは当たり前ですし、教材に企業分析のすべてが書いてあるわけではありません。

成功している投資家は、試行錯誤して自分なりの手法を確立しているものです。

損失(失敗)を素直に認め、損切りへの抵抗をなくすようにしましょう。

根拠はないが値上がりに期待してしまう

保有している銘柄の株価が下がっていても、「そのうち値上がりするだろう」と放置するのは危険です。

確かに株価が落ち込むと、割安株と判断されて買い注文が増えるかもしれません。

ですが、それは絶対ではないですし、明らかな値下がりの原因がある場合、割安株だからといって買われることはないでしょう。

そうなると、値上がりすることはなく、ズルズルと値下がり、損失が膨らんでいってしまうのです。

含み損を抱えていると、値上がりに期待したくなりますが、明確な根拠がないのなら損切りするのも手段のひとつです。

損切りラインのポイント

損切りラインをテキトーに決めていると、損切りをしっかりしていても効果が薄くなってしまいます。

そこで、損切りラインの代表的なポイントを3つ紹介します。

損切りラインのポイント
・下落率で損切りする
・損失の許容範囲を決めて損切りする
・業績や景気が悪くなったら損切りする

損切りラインの決め方は投資家によってさまざまですが、ぜひ参考にしてみてください。

下落率で損切りする

買値からの下落率や損失額で損切りするタイミングを決める方法です。

たとえば、1000円で株を買って、「10%値下がりしたら損切りする」と決めたら、900円で損切りします。

一般的に、10~15%が適切と言われていますが、銘柄によって値動きが大きいものがあれば、小さいものもあるので、それぞれ設定する必要があります。

値動きが大きいのに10%で設定すると、すぐに損切りすることになりますし、値動きの小さい銘柄で20%の設定だと、損切りが遅くなってしまうので、あまり意味がありません。

過去のチャートで値動きの大きさを調べてから、損切りラインを設定するようにしましょう。

損失の許容範囲を決めて損切りする

損失額を決めて損切りするのも有効な方法です。

たとえば、10,000円の銘柄を100株買って、損失額を10万円に設定するとします。

このような場合、株価が9,000円になると損失が10万円になるので、そこを損切りラインにするのです。

このとき、無理な設定はせず「どれくらいの損失なら大丈夫か」というような許容範囲内で決めるようにしましょう。

そうすることで、想定外の損失になることはほとんどなく、損切りへの抵抗も少なくなります。

また、先ほどの下落率と同じように、投資する銘柄に見合った損失額を決めるようにしましょう。

業績や景気が悪くなったら損切りする

これは、明確な損切りラインを決めるわけではありませんが、損失を抑えるための大切なポイントです。

企業の業績悪化や不祥事などのニュースが報道されると、高い確率で株価は下落してしまいます。

このとき、損切りラインに達していないからといって保有し続けるのは、あまり良い判断とは言えません。

特に、週末に悪いニュースが報道された場合は注意してください。

土、日曜日は株の取引ができないので、月曜日に損切りラインを超えた損失になっている可能性もあるのです。

また、景気の悪化にも注意が必要で企業の業績に関係なく、つられて下落することがあります。

大きな社会現象(リーマンショックやコロナショック)があったときは、特に注意するようにして、こまめな株価チェックを忘れないようにしましょう。

損切りの注意点

損切りは、損失を軽減するための有効な手段ですが、注意点が2つあります。

損切りの注意点
・損切りラインを必ず守る
・損切りのタイミングを極端にしない

それぞれ詳しく解説していきます。

損切りラインを必ず守る

1度決めた損切りラインは、必ず守るようにしましょう。

実際に損切りラインまで株価が下がっても、「もしかしたら値上がりするかも」とか「損失を抱えたくない」といった感情から、損切りをためらってしまうことがあります。

損切りを見送った後、値上がりすればいいですが、値下がってしまうと損失が膨らみ、さらに損切りしづらくなってしまうのです。

このようなことをしていると、塩漬け株が増え、資金効率が悪くなってしまいます。

ですが、損切りラインを守れば、損失を抑えることができますし、塩漬けにすることもないので資金効率が良くなり、他の銘柄に投資することができるのです。

損切りのタイミングを極端にしない

損切りラインの設定を極端にするのは避けましょう。

損切りラインが買値に近すぎると、株価が少し下がっただけで決済することになります。

この繰り返しによって小さな損失が積み重なり、いつの間にか損失が大きくなってしまうのです。

そもそも株価は常に上下しており、上昇トレンドであっても多少の値下がりはあります。

そのため、損切りラインに余裕を持たせて、すぐに決済されないように調整する必要があるのです。

逆に、買値から遠すぎるのも良くありません。

損切りラインが遠いと、一つ一つの損失が大きくなってしまい、損益をプラスにするのが難しくなってしまいます。

また、取引ごとの損失が大きいと、損切りに対する抵抗感が強くなるというデメリットもあるのです。

このように、損切りラインは近すぎても遠すぎても、損失につながることが多く、資産を増やすのが難しくなります。

少しでも損失を減らすために、銘柄に見合った適切なライン設定を意識しましょう。

まとめ

損切りで最も重要なことは、損切りルールを絶対に守ることです。

精神的な負担が大きく、できればやりたくないものですが、損切りしなければ損失は膨らみ、塩漬け株を作ることになってしまいます。

また、損切りラインの適切な設定も大切なことです。

損失を確定するのは嫌なことですが、思い切って損切りして、次の投資につなげることを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました