株式投資っていくらからできる?少額からでも始められる方法を解説

投資コラム

「株式投資をやってみたいけど、まとまった資金が必要なのでは?」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

株式投資には損失のリスクがあり、いきなり大きな資金を投じるのは抵抗があるものです。

ですが、株式投資は少額からでも気軽に始めることができます。

今回は、少額で取引するための方法やメリット・デメリットを解説していきます。

CHECK
株式投資には、「現物取引」と「信用取引」がありますが、この記事では一般的な取引方法である現物取引について見ていきます。

株式投資はいくらから始めることができる?

株の購入には、最低限買わなければいけない株数が定められていて、これを「単元株数」といいます。

単元株数は基本的に100株に設定されているので、たとえばA社の株が1,000円なら…

1,000(株価)×100(購入株数)=100,000

となって、A社の株を買うには、10万円以上の資金が必要になるのです。

定位株(株価の安い銘柄)なら、株価が数十円なので1万円以内で買うことができます。

しかし、低位株は倒産のリスクが高く、扱いが難しいので、初心者は手を出さないほうがいいでしょう。

ですので、株価500円以上の株を狙った方がいいのですが、1つの銘柄に5万円以上、リスク分散で数社に投資するとなると、数十万円かかってしまいます。

「そんなに投資するのは抵抗がある…」という方も多いとおもうので、オススメの少額投資法を紹介します。

それが、「単元未満株取引」です。

単元未満株取引とは

単元未満株とは、単元株数に満たない株式のことです。

先ほど解説したように、株を買うには単元株数以上の注文が必要になります。

ですが、単元未満株取引を利用すれば、株式を1株から99株まで買うことができるようになるのです。

たとえば、通常の取引では株価5,000円の銘柄に投資すると、50万円以上のお金が必要になりますが、単元未満株なら5,000円(+手数料)から買うことができます。

この取引により、少額で株式投資を始めることができますし、1株数万円するような銘柄の株式を手軽に買うことも可能になるのです。

単元未満株のメリット

単元未満株には、3つのメリットがあります。

単元未満株のメリット
・小額から投資ができる
・分散投資がしやすい
・配当金を受け取ることができる

それぞれ詳しく解説していきます。

少額から投資ができる

1株から買うことができるので、少額でも投資することができます。

通常の取引なら手が出ないような、株価の高い銘柄でも1株だけなら買うことができるでしょう。

初心者で「いきなり大きな資金を投資するのは抵抗がある」という方でも、手軽に株式投資を始めることができるのです。

また、少額での投資はリスクの軽減にもなります。

小額からの買い付けなら、投資した銘柄の株価が大きく下落したり、最悪の場合、倒産したとしても大きな損失にはなりません。

単元未満株なら、少ない資金から取引することができ、リスクを軽減しながら株式を運用することができるのです。

分散投資がしやすい

分散投資は、投資先をいくつかに分けることでリスクを抑えることができる手法です。

分散することで利益は減ってしまいますが、損失を軽減することができます。

株式投資で安定した運用をするには、損失を減らすことが大切なので、なるべく投資先を分散した方が良いでしょう。

ですが、分散投資には多くの資金が必要になり、初心者には難しいかもしれません。

しかし、単元未満株は少額で買うことができるので、複数の銘柄を買いやすく、まとまった資金がなくても分散投資をすることができます。

分散投資の詳細に関しては、以下の記事をご覧ください。

配当金を受け取ることができる

企業は、その年に得た利益の一部を株主に還元することがあります。

これを「配当金」というのですが、一般的な取引と同じように、単元未満株でも配当金をもらうことができるのです。

ちなみに、株式を保有している数によって、配当でもらえる金額が変わります。

単元未満株のデメリット

少ない資金で株式を買える単元未満株ですが、デメリットもあります。

単元未満株のデメリット
・取引できる証券会社や銘柄に制限がある
・約定のタイミングがズレる
・大きな利益を得るのが難しい

これらのデメリットを理解した上で、単元未満株取引を始めるようにしましょう。

取引できる証券会社や銘柄に制限がある

単元未満株は通常の取引とは違い、すべての証券会社で売買できるわけではありません。

ですので、単元未満株の取引を行っている証券会社の口座を開設する必要があります。

証券会社を選ぶときは、取り扱っている銘柄が違ったり、取引方法が限定されていたりするので注意しましょう。(たとえば、東京証券取引所では売買ともにできるが、名古屋証券取引所だと売却のみ可能など)

とはいえ、1つの証券会社にこだわる必要はなく、それぞれに特徴があるので、いくつかの口座を開設するのも1つの手段だとおもいます。

約定のタイミングがズレる

単元未満株の取引では、約定にタイムラグがあります。

通常の取引なら、証券取引所の取引時間内に注文すれば、買い手と売り手の条件が合った瞬間に約定されますが、単元未満株の場合、約定のタイミングがズレてしまうのです。

たとえば、9時~11時に注文すると12:30に約定、11時~14時の注文では15時に約定される、というようにリアルタイムでの取引をすることはできません。

そのため、スキャルピングやデイトレードのような1分1秒を争う取引には、向いていないと言えるでしょう。

単元未満株での取引は、約定のタイミングがズレても影響の少ない中長期投資で行うのが賢明と言えます。

大きな利益を得るのが難しい

単元未満株では、大きな利益を得ることは難しいでしょう。

なぜなら、少ない資金で買えて分散しやすいというメリットがある反面、得られる利益が少なくなるというデメリットもあるからです。

たとえば、株価1000円の銘柄を1単元(100株)買った後、株価が2000円まで上がった場合、10万円の利益を得ることができます。

ですが、単元未満株取引で1株しか買わなかった場合は、同じ条件で1,000円の利益しか得ることができません。

このように、少額での投資は手軽に株式を買うことができますが、大きな利益を得ることが難しくなってしまうのです。

まとめ

単元未満株取引は、少ない資金で株式を売買することができるので、手軽に株式投資を始めることができます。

また、一般的な取引と比べて、分散投資をしやすいというのもメリットの一つでしょう。

ですが、取引に制限があったり、大きな利益を得ることが難しいなどのデメリットがあるので、単元未満株を買うときは注意が必要です。

メリット・デメリットの両方をしっかり理解した上で単元未満株の取引をするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました