PER(株価収益率)とは?使い方や計算方法をわかりやすく解説

投資コラム

株式投資は、安く買って高く売るのが基本です。

そのため、投資する銘柄の株価が低い状態にあるかを判断する必要があります。

「でも、どうやって判断すればいいの?」と思われるかもしれませんが、そこで役に立つのが「PER」という株価指標です。

PERを参考にすれば、株価が割安かどうかを知ることができる助けになります。

今回は、PERの基本や注意点などを詳しく解説していきます。

PERとは

PERとは「Price Earnings Ratio」の略語であり、日本語に訳すと「株価収益率」といいます。

PERは、ある銘柄の株価が割安か、それとも割高なのかを示す株価指標です。

株価に対して「1株当たりの当期純利益」が何倍であるかを表し、数字が小さいほど割安、大きいほど割高というように判断します。

つまり、PERが小さい銘柄は、株価が低い水準にあることを示しているので、これから値上がりする可能性があるということなのです。

PERの計算式

PERは「株価」と「1株当たりの当期純利益」を使って求めることができます。

PERに計算式
PER=株価÷1株当たりの当期純利益

実際にこの計算式を使ってPERを比較してみましょう。

株価5,000円、1株当たりの当期純利益250円のA社と、株価1,000円、1株当たりの当期純利益100円のB社を比べると…

A社
5,000(株価)÷250(1株当たりの当期純利益)=20(倍)
B社
1,000(株価)÷100(1株当たりの当期純利益)=10(倍)

となって、A社のPERが20倍、B社のPERは10倍だと分かるので、B社のほうが割安ということになります。

PERは低い方が良い理由

PERの計算式を見ただけでは、なぜ低い方が割安なのかをイメージしづらいかもしれません。

そこで、PERが低いと割安だと判断される理由を、わかりやすく解説していきます。

PERは株価が割安かを判断するための指標ですが、別の視点から見ると「投資資金を回収するには、何年分の当期純利益が必要なのか」という見方もできるのです。

たとえば、株価3,000円、発行済み株式数1万株、当期純利益300万円というC社の株をすべて買い占めたとします。

このとき投資した資金を回収するには…

3000(株価)×1万(発行済み株式数)÷300万=10

となるので、当期純利益が変わらなければ、投資資金を10年で回収できることになります。

この例をPERの計算式に当てはめてみましょう。

1株当たりの当期純利益は、300万(当期純利益)÷1万(発行済み株式数)で300円なので…

3000(株価)÷300(1株当たりの当期純利益)=10

となり、PERは10倍だということが分かります。

つまり、投資資金を回収するために必要な年数とPERは、同じ数字になるということなのです。

PERが30倍で資金回収に30年かかるA社と、PER10倍で回収が10年で終わるB社とでは、B社の方が割安と評価することができます。

このように考えると、PERがどういう指標かイメージしやすいのではないでしょうか。

PERが低い=資金回収が早いということなので、割安株に投資したほうが「お買い得」なのです。

PERの注意点

割安株を探すときに役立つPERですが、注意点があります。

PERの注意点
・予想PERを使う・
「割安だから即買い」は危険
・割高でも「買い」の場合がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

予想PERを使う

PERには、実績PERと予想PERがあります。

実績PERは、直近の決算期に発表された1株当たりの純利益をもとに計算されたものです。

それに対して予想PERは、企業が決算で公開する来期の1株当たりの予想純利益をもとに算出されます。

株式投資は、将来の値上がりを期待して株式を買うので、銘柄を選ぶときは、来期の予想から割り出された予想PERを使うのが一般的です。

企業を分析するとき、実績PERを参考にすると将来を見越したものとは言えなくなり、PERの効果が薄くなってしまいます。

PERは証券会社が提供する情報に記載されていますが、それが実績PERなのか予想PERなのかを、しっかり確認するようにしましょう。

「割安だから即買い」は危険

PERが低い銘柄を見つけたからといって、すぐに買うのは危険です。

繰り返しになりますが、PERは「株価÷1株当たりの当期純利益」で求めることができます。

これは、1株当たりの当期純利益が増えればPERは低くなりますが、株価が下がることでもPERが低くなるということです。

つまり、企業の業績悪化などで株価が下落すると、PERも小さくなり割安株と評価することができてしまうのです。

どんなにPERが低くても、その原因が株価の値下がりである場合、下落した要因を調べたほうが良いでしょう。

景気の悪化により株価全体が下がっているのなら、しばらくすると戻る可能性はありますが、業績悪化が原因の場合は、その銘柄の購入は見送ったほうがいいかもしれません。

また、割安株を見つけてもすぐには買わず、業績予想を調べるようにしましょう。

買い付けの時点ではPERが低くても、将来の業績が悪ければ株価の値上がりは期待できませんし、下手をすれば損失が膨らんでいってしまうこともあります。

このように、PERが低いことだけを判断基準にすると、手痛い失敗につながることがあるので注意してください。

割高でも「買い」の場合がある

PERが高いからという理由で、反射的に見送るのはもったいないかもしれません。

なぜなら、円高や円安の影響によって、一時的に業績が悪くなり純利益が減ることで、PERが高くなってしまう企業があるからです。

たとえば、円高になると輸出を主体とした企業は、どうしても売り上げが落ちてしまいますし、円安の場合は、多くの商品や材料を輸入する企業が苦しくなります。

しかし、一時的な円高や円安による悪影響は、それが終わると業績が持ち直す可能性が高いです。

為替の影響に注意して、本質的な企業の価値を見抜くことを意識しましょう。

また、業績アップへの期待から、PERが高くなってしまうケースもあります。

将来の業績が良さそうだと、投資家はそれを見込んで株式を買うので株価は上がります。

ここで、PERの計算式を思い出してみましょう。

PER=株価÷1株当たりの純利益

つまり、株価の値上がりによってPERも高くなってしまうのです。

その結果、「業績の向上を期待されているが、PERは高い銘柄」が生まれることになります。

こういった企業を見逃さないように、PERだけではなく、業績や株価チャートのチェックも必ず行うようにしましょう。

まとめ

PERは、割安株を探すときに役立つ株価指標です。

ただ、PERが低いからといって、すぐに飛びつくのはやめましょう。

割安株を見つけても「業績予想は悪くないか」とか「PERが低い原因は何なのか」などを調べるようにすると、失敗を減らすことができるはずです。

PERだけを見るのではなく、さまざまな角度からの企業分析を心がけるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました