【ライティング】文章がうまくなる6つのポイント

ライティング

『文章を書くのが苦手…、どうすればうまくなるんだろう』と悩んでいませんか?

文章は才能やセンスが必要だとおもわれがちですが、そうではありません。

この記事で紹介する方法を実践すれば、確実にあなたの文章力は上がり、読ませる文章を書けるようになります。

それでは順にみていきましょう。

文章の基本を身につける

何事も基本が大切です。

文章も同じで、基本を知らずにテキトーに書いても、ほとんど上達しません。

基本を身につけて書くことで、効率よく上達できるのです。

まずは、文章の基本を見直すことから始めましょう。

書くことを習慣にする

とにかく書きましょう。

文章を書くということは、情報をアウトプットするということです。

最初は難しいですが、書きまくっているとアウトプットに慣れていきます。

スポーツと同じで、毎日コツコツ書くことで、少しずつ上達するはずです。

まずは、日記や無料ブログを習慣にすることをオススメします。

毎日書くことでアウトプットに慣れると、伝えたいことを的確に表現できるようになるのです。

読むことを習慣にする

いい文章を読むことでも、文章力が上がります。

ただ、読むといっても何でもいいわけではありません。

あなたが目標とする著者の本を読みましょう。

なぜ目標にしようとおもったのかを意識して、言葉遣いやテンポなどを参考にするのがポイントです。

毎日コツコツ読むことで、目標に近づき文章力が上がります。

また、読書には語彙が増えるというメリットもあるのです。

注意してほしいのは、いろいろな本を読むということ。

『ノウハウコレクター』のようになってしまい、イマイチ上達しません。

気に入った本を繰り返し読むことで、文体が少しずつ身につくのです。

写経する

写経とは、本やネット記事をそのまま書き写すことです。

文章を写すことで、言い回しやリズムが身につきます。

効果は読書と似ていますが、写経は時間がかかるというデメリットがあるのです。

ですが、そのぶん効果は高いので、時間があるときにやってみることをオススメします。

また、写経も気に入った文章を写しましょう。

読書と同じで、何がいいのかを考えることがポイントです。

語彙力をつける

語彙が増えることで、正確に伝えることができたり、表現の幅が広がります。

語彙を増やすには、とにかく活字に触れること。

本やネット記事、SNSなどを読む機会を増やしましょう。

わからない言葉を目にしたら、調べるクセをつけるようにしてみてください。

今はネット検索があるので、簡単に調べることができます。

調べずにそのままにしておくと、語彙はほとんど増えません。

なぜなら、新しい言葉を理解することが、語彙を増やすということだからです。

毎日コツコツ語彙を増やすことで、あなたの文章力も上がっていくでしょう。

人に見てもらう

文章を書いたら、誰かに見てもらいましょう。

誰かに見てもらうことで、自分では気づけない客観的な意見がもらえます。

ただ、文章を見てもらうのは、少し恥ずかしいですよね。

まずは、家族や仲のいい友達に見てもらって、意見をもらうことに慣れましょう。

また、人に見てもらう習慣をつけると、読者を意識した文章を書けるようになり、文章力アップにつながります。

客観的な意見はとても参考になるので、恥ずかしがらずにバンバン見てもらいましょう。

まとめ

今回は、文章力が上がる方法を6つご紹介しました。

覚えておいてほしいのは、紹介した方法を習慣化するということです。

毎日、10~20分でもいいので、とにかく続けるようにしましょう。

そうすれば、少しずつ、確実にあなたの文章力はアップするはずです。

ぜひ、今回紹介した方法を使って、あなたの文章力アップに役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました