効果的な推敲とは?文章の完成度を上げる3つのポイント

ライティング

推敲は、文章を仕上げるうえで非常に重要です。

推敲をしないと、誤字脱字や分かりにくい表現などをそのままにしてしまい、質の低い文章になってしまいます。

質の高い文章を書くために、推敲はキチンとやりましょう。

「推敲のやり方ってイマイチよくわからない…」と思われるかもしれませんが安心してください。

この記事では、推敲の効果を高めるポイントをご紹介します。

読み終わるころには、効果的な推敲がどういうものか分かるようになるはずです。

それでは、順にみていきましょう。

推敲とは

推敲は、書き上げた文章を見直して、悪い箇所を修正することをいいます。

特に

・わかりにくい表現はないか
・情報に誤りはないか
・誤字脱字はないか

などを意識して見直し、修正することで良い文章に仕上がります。

効果的な推敲のポイント

効果的な推敲のポイントを3つご紹介します。

時間をおいてからチェックする

推敲は、できるだけ時間をおいてからチェックした方が効果的です。

書いた直後にすると、どうしても主観的な見方になってしまいます。

時間を置くことで、客観的に見ることができるので、できれば数日、最低でも12時間はおいておきましょう。

紙に印刷してチェックする

紙に印刷して読むことも、推敲のポイントのひとつです。

パソコンやスマホの画面でもいいのですが、全体の構成を見ることができないというデメリットがあります。

印刷することで全体が見えるようになり、視野の広い推敲をすることができるのです。

また、見方を変えることで、書き手ではなく読み手の目線で見ることができるようにもなります。

音読する

声に出して読むことで、推敲の効果が上がります。

音読は、黙読と違い読み飛ばすことがないので、誤字脱字や読みにくい箇所に気づきやすいのです。

スラスラ読めないところは、何か問題があることが多いので、意識して直すようにしましょう。

まとめ

推敲は、文章の仕上がりを大きく左右します。

この記事で紹介したポイントを意識することで、あなたの文章の仕上がりはきっと良くなるはずです。

「書いて終わり」ではなく、推敲を忘れないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました