【初心者向け】webライティングの基本的なポイントを解説

ライティング

『ブログを始めたけど記事の書き方がよくわからない…』

ブロガーなら、だれもが通る道ではないでしょうか?

webライティングの基本を知らずに記事を書いても、読者が読みたくなるような文章は書けません。

なぜなら、多くの初心者ブロガーが読者のことを考えずに、書きたいことだけを書いた記事にしてしまうからです。

ではどうすれば読者が読みたくなる記事を書けるのか?

それは、webライティングを学ぶことで理解してもらえるはずです。

この記事では、『これだけは知っておきたいwebライティングの基本』をご紹介します。

ぜひ、あなたのライティングスキル向上に役立ててください。

webライティングとは

webライティングとは、企業サイトやブログなどのwebコンテンツに関する文章のことです。

紙媒体とは違い、読者がつまらないと感じてしまうと、すぐに離脱してしまうので以下のポイントを意識して執筆する必要があります。

・読者が知りたいことは何か
・読者はどういう悩みを解決したいのか
・読者にとって分かりやすいか

また、検索エンジンの評価についても考えなければなりません。

見出しや内部リンクなどのSEO対策をして、上位表示を狙うことがwebライティングの重要な目的になります。

webライティングの基本的な構成

webライティングには読者にわかりやすく伝えるための構成を考える必要があります。

ライターが自由に書きたいことを書いても、それが読者にとってわかりやすい構成になることは、ほとんど無いからです。

そこで、わかりやすく伝えるための構成の型を2つご紹介します。

『PREP法』と『SDS法』です。

それぞれ詳しく解説していきます。

PREP法

PREP法は、結論、理由、具体例、結論の文章構成法です。

文章の構成は、起承転結が有名ですが、PREP法では結論を先に述べます。

結論を先に書くことにより、読者は文章の主題をすぐに知ることができ、全体の内容を理解しやすくなるのです。

P=Point、結論
R=Reason、理由
E=Example、具体例
P=Point、結論

最後に結論を繰り返すことによって、読者の理解を深めるという効果もあります。

SDS法

SDS法はPREP法に似ていて、要点、詳細、要点という文章構成法です。

ニュース番組などに使われ、文章の内容をスピーディに読者に伝えたいときに適しています。

S=Sumally、要点
D=Details、詳細
S=Summary、要点

ライティングに慣れるまでは、これらの構成法を使い、記事を作っていきましょう。

webライティングのコツ

webライティングのコツを9つご紹介します。

読者のニーズを理解する

webライティングにおいて、読者のニーズを理解することは、最重要といっても過言ではありません。

読者は、なにかを知りたかったり、悩みを解決するためにwebサイトを訪れます。

そこに読者の求めるモノがなければ、その記事を見ることはないでしょう。

記事を作るときは、常に読者のニーズはなんなのか、ということを考えるようにしたいですね。

わかりやすい文章を意識する

読者は、文章がわかりづらいと離脱して、他のサイトに行ってしまいます。

難しい言葉や専門用語はなるべく使わず、中学生でもわかるような文章を心がけましょう。(できれば、小学生でもわかるように)

わかりやすい文章を書くのが苦手だという方は、他のサイトを参考にするのがオススメです。(丸パクリはやめましょう)

文章を短くする

長い文章は読みづらく、理解しにくいものです。

読者の負担を軽減するために、短い文章を意識するようにしましょう。

1文40~60字くらいが、読みやすく理解しやすい文字数です。

どこで区切ればいいかわからない、という方は接続詞がつくところで区切ると、違和感なく分割できます。

最初に結論を伝える

文章の構成でも触れましたが、最初に結論を伝えることで、読者が全体を理解しやすくなります。

また、スピーディに情報を伝えることができるので、読者の時間節約にもなるでしょう。

漢字を多用しない

漢字とひらがなのバランスに注意しましょう。

漢字とひらがなの割合がかたよると、文章が読みにくくなり読者が離脱してしまいます。

目安として、漢字7:ひらがな3くらいが読みやすい文章と言えるでしょう。

また、難しい漢字はできるだけ使わないようにすることも、読みやすい文章を書くポイントです。

改行を使って見やすくする

文章のまとまりは、読みにくく、読者が離脱する原因になります。

まとまりを無くすために、改行を意識すると見やすい文章になるのです。

最近は、スマホユーザーが増えているので、スマホではどう見えているかを特に気をつけて、どこで改行するかを決めましょう。

どこで改行すればいいか分からない場合は、1文ごとの改行がオススメです。

それだけで、文章がグッと見やすくなります。

強調したい部分は文字装飾を使う

特に読者に伝えたい部分は、文字装飾をして強調することで、読者の目にとまりやすくなります。

ですが、文字装飾のやりすぎはNG。

どこを強調したいのかが分からなくなり、読者は混乱してしまいます。

また、サイトにもよりますが、文字装飾が多いとハデになってしまい、下品な印象を与えてしまうかもしれません。

句読点を適切な位置につける

句読点は30~40字に1つを目安につけましょう。

句読点がない文章は、なにを言いたいかが理解しづらく、息継ぎもできないので読者は負担に感じてしまいます。

逆に、ありすぎるのも問題です。

読みにくく、テンポの悪い文章になってしまうでしょう。

句読点の位置がよくわからない時は、音読がオススメです。

実際に、声に出して読むことで、テンポの良し悪しがわかるようになります。

連続した文末表現は避ける

「~です。~ます。」などの語尾を続けて使用するのはやめましょう。

同じ語尾を続けると、読者に冷たく機械的な印象を与えてしまいます。

また、テンポも悪くなり、メリハリのない文章になってしまうのです。

webライティングでやってはいけないコト

webライティングで絶対にやってはいけないことが2つあるので紹介します。

他サイトのコピペはNG

webライティングにおいて、コピペは絶対にNGです。

コピペをしてしまうと、検索エンジンにコピーコンテンツと判断され、SEOに大きな悪影響を与えるリスクがありますし、ペナルティを受ける可能性もあります。

他サイトの記事はコピペせず、参考にする程度にして、オリジナリティのある記事を書きましょう。

ただ、オリジナルの文章を書いたつもりでも、意図せずコピーコンテンツと判断されてしまうことがあります。

そういう事態を避けるために、サイトをアップロードする前に、コピペチェックツールで重複率を確認しておきましょう。

著作権の侵害に気をつける

web上でコンテンツを作っていると、他サイトの画像や文章を使いたくなることがあると思います。

インターネットに掲載されている画像や文章には、著作権があり無断で使用すると、著作権侵害でトラブルになることがあるのです。

トラブルを避けるために、他人の画像や文章を使う場合は、引用コンテンツであることをしっかり明記しましょう。

まとめ

webライティングにおいて、もっとも重要なことは「読者に向けて書く」という意識をもつことです。

・読者が知りたいことは何か
・読者はどういう悩みを解決したいのか
・読者にとってわかりやすいか

これらのことを意識して書くことが、質の高いwebライティングといえるでしょう。

読者のニーズに応えた記事は、検索エンジンに高く評価され、上位表示されやすくなります。

読者と検索エンジンから高い評価を得るために、「読者に向けて書く」ことを忘れないでください。

タイトルとURLをコピーしました